10/7(日)13時から 第一回きぼーる千葉かがく会議

311震災後の世界を語ろう Comments (0)

千葉大学人文社会学研究科小林ゼミ主催で、「第1回 きぼーる千葉かがく会議」を開催いたします。
ご関心のある方は、ぜひご参加下さい。

—–

科学フェスタ2012サイエンスカフェ

国レベルで議論される議題を千葉市のレベルに置き換えて議論し、今後の千葉のエネルギー問題について一人ひとりが考えるきっかけを作ります。

日時:10月7日(日)13:00~15:00

場所:千葉市科学館 きぼーる15階ビジネス支援センター多目的室「ひととかたりの広場」http://www.kagakukanq.com/

参加資格:どなたでも(小学生~大人まで)

応募方法:festa-sc@kagakukanQ.com  へ ☆件名に「メインイベント応募」とご記入ください。

議題:

テーマ①自分が住む都道府県に原子力発電所があると仮定し、2030年の原発依存度を何%にするか話し合います。

テーマ②2050年の自分が住む都道府県のエネルギーをどうするか、絵を描いて表現します。

グループに分かれて話し合いながら、意見をまとめたり、絵を描いていきます。

参加者が話しやすいように、大学生が各グループの話し合いをサポートします。

気軽にご参加ください。

議論の方法:グループディスカッションの後、結果を発表し、全体で議論を深めます。ゲストの先生がコメントやアドバイスをして下さいます。

ゲスト:千葉大学大学院人文社会科学研究科教授 小林正弥氏、千葉大学大学院工学研究科准教授 近藤圭一郎氏

kinoshita @ 10月 3, 2012

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

archive.php