『友愛革命は可能か―公共哲学から考える 』(平凡社新書) 刊行

書籍・雑誌情報 『友愛革命は可能か―公共哲学から考える 』(平凡社新書) 刊行 はコメントを受け付けていません。

友愛革命は可能か―公共哲学から考える (平凡社新書)  小林 正弥 (著)が刊行されました。

yuaikakumei

出版社: 平凡社 (2010/03)
ISBN-10: 458285513X
ISBN-13: 978-4582855135
定価:819円(780円+税)

【内容】
日本の政治の転換点で、友愛が唱えられる今、主唱した「EUの父」クーデンホーフ・カレルギーや、日本人初のノーベル文学賞候補・賀川豊彦の業績を振り返りながら、「友愛」と「新しい公共」の可能性を探る。

admin @ 3月 18, 2010

コメントはまだありません

Sorry, the comment form is closed at this time.

archive.php